もやすみなさい ―研究の1日の終わりに

火炎、着火して伝播するものに興味があります

無題

今日は昨日より少しマシな気分で起きた。まずはイット起きようと思っていたら7時から大幅に遅れて10時に起きて、夢を見ていただいて1分に上がっていた。、予定がない時、予定に対する気分が乗らない時、そんなふうにして記録ができないことがよくある。思い出すのは昨日読むと、夫のちんぽが入らないと言う業者のことで、その中では下どちらもそれなりの精神疾患精神疾患ではないか、適応障害を使用しながらそれでも納得できているそうだった。おそらく普通の夫婦と言うのはあんな風に、殺するどちらかが欲しくなるタイミングを一概にしながら支えあったり、送料旅にする幸いにして目の状況はまだ特化してはいないけれど、わからないどうしたい職業がおかしいだけに注目されてしまうような描き方、おそらく他のすべての職業はあんな風であるのだろうシステムとしての抑圧が広い環境では、水平方向のつながりも広いものになってしまう教室の中の4割の関係はフラクタルに生成されたものは久世間の1部であるのかもしれないし、そういうことなのかもしれないそれで何だったっけあの部署に二夫日と飲むたくさんあるんだろうけれど、米坪下請けはそれなりに面白く読めるものであった。教師が性的な事について持っていることをぶちまけると言う事は結構面白みあったけれど、昔読んだ嫌われマツコの一生とはまた全然違った形での面白さだった。嫌われマツコの一生では、校長と一緒に卒業卒業旅行の下見に行って末子は夜這いを受けてそれを問題視したことがきっかけで教員の仕事から追われると言うような話だった。教員の仕事が横領そのまま結局送料無料の場所どっちする。現代においてはそういった形での抑圧をやっているけれど、自主的なことして性的に搾取されると言うような形態をとっている。少し前に渋谷の上流小学校教諭のニュースがあったなぁ。そういうことなのかもしれないある種の事象行為をすることで精神の安定が保たれると言う事あるセックスにもそういった部分がきっとあって、リストカットをするかのように自分の精神の痛みよ交流よくわからないけれどもそういう側面もある。、今丸太町通りを通ってセダンの屋根の上には木の枝で作った籠のようなものが大きさだろう雲1段分ぐらいはありそうな大きさの籠がかかっていた。芸術か何かのインスタレーションを使うのだろうか。それにしては運び方が面白いのでどうなのだろうと思うけれど、どちらかと言うと何らかの広告なのかもしれない。風が気持ちいい。目の機能はまだ暗闇に慣れているというか、起きて時間が経っていないので太陽の曇り空恋した太陽の日差しをきちんと受け止めることができていない。そういえば今日は洗濯をしようと思っていたけれど、その間にあることもないなぁ分はで一昨日の森を食べようと思っていたけれど、それも昨日はるか私が食べてしまっているかもしれない夜には予定が入ってしまってそのために昼に行かないといけないと思っていたけどこの体調で移動ができるのかと言う事は少しだけ疑問でもある。体調悪くないのかとして、いいのかもしれない。まだ試していないのでわからない。しかし、何らかの負債がたくさん溜まっている感じがしていて、それは毎晩お酒を飲んでいるだとか、食生活が少しだけ乱れているとか、そういったことの積み重ねなのかもしれない。あるいは研究室に行っていないと言うことがマイナスに働いているのかもしれない。。昔研究室に行かずにいつ暮らそうと勤めたことがあるけれど、それは結局僕の精神が不安定になるのでやめてしまった。いかにして研究室に数に済ませるかと言う事は結構の問題あって、それは自分のまじめさに金するのだけれど、結局マスクに行っていないと不安定になってしまうと言う違うから大丈夫上乳上っている行ったら行ったで部屋の中でやることがないと言う事は消して空に不安定になってしまうのだけれど、昔あることを見つけることができたらそれで回復するのかもしれない実験についての作業が多少進んでしまうが壊れたかもしれないし、体動かし始めないとやることなんて見つからないんだろう。日差しが強くなり始めた、日焼け止めを塗っていないので頭では焼けこげってしまうけれど、それも自傷行為として悪くないのかもしれない。さすがにあれだけ寝たので全然眠くないけれど、起き上がって活動を再開するには血の巡りが悪い気がする。そんなときには何もやらないことにしておいて、ひたすら家の中でうつむいている方が良いのかもしれないが、いやそれよりも多摩川の岸辺に行って本を読んでいる方が病気っぽくていい気がする。病気っぽい気分に照準合わせる事はそれなりに大事である。予言の授業に必ずしも行かないといけないわけではないし、それならば夕方のいくつかの予定までは部屋の中でダラダラしておいても良いのではないか。何なら外を走りまわっても良いわけで、それでいいんだ。映画を見たければ笑顔見たらいいし、怒られない範囲でいろいろやっておけばいい。体調が悪いと言う事は昨日の時点で報告しているので、今何をしなかったからといって怒られる類のことではないだろうちょっと今日は不安定になる主で良かったと思う少しだけ回復の兆しもあるし、このまま新譜50に小さくしていけばそれで問題は無いのだ。曲躁鬱だと思っていたことだって、少しだけ金遣いが荒くなると言う事だけでセーブできているので大した問題は無いのだろう。そうだな、ドーパミンが足りてないかもしれないので大きい音を聞きに行くのは悪いことでは無いのかもしれない。土曜日の夜にはリアムと一緒にラッキー・ユーにでも行って、悪くない音を聞いてギャーギャー騒いでいたら楽しいのではないかしら。それで夜通しやる事はちょっと気分が乗らないけれどそれでもどうにかなる気がしている。次回の件についても、それほどのせいかわからないだろうがまぁそれはそれでいいんだろう。あんまり自分では気にせずに2人で遊ぶと言うことを重点にして、そうだなぁハブの設定がどうなるかだけはちょっと気になっている。あなたはオーディオインターフェイスを使うかどうかと言う事だけれど、それもマイクだけでやってみてもいいのかもしれない。購入すると言うことにしておいて大丈夫だろう。山子の人たちがそう言ったことについての設定をきちんとやっていると言う話をしたことがある、岡別にどうでもなくて、ただ対して音ハメをしているわけでは無いのだからリアルタイムで音を解析する必要もないと思っているファイルにて男とは何種類ソフト音を同期させてリアルタイムで解析している外では何度大した差はないし、まぁBPMを亜庭湾けれど別にちょっとずれたところに大正時代はない所BPMをずらした方が面白いこと言ってしまったりをするそれで何だったっけ真ん中に対して残っていることもないいつかの夢を見た気がするけれど、いつも出して夢ではなかったあの小説を読んだからか、少しだけ性的なものに対する気分が積もっていて、そのためにあの子に連絡を処理してみたけれど白馬開花なくてそんな風な気分だった。まぁ返信が返ってくるだけありがたいと思うことにしてそっと寝かせておいたらいいと思うあと何だったっけまぁ何でもいいか飯をさっさと飲んでしまうないといけないのだけれど、玉子の人でお酒をいっぱい飲む人というのはそんなにいないので難しいのかもしれないと思ったりしている。それならそれらを開けておくための瓶をどこかに作っておこうと思うけどせられた郵便をいくつか拝借することにしたらいいんだろうか。少し前に保存しておいたカティサークの罠をもう一度取り出せるたらそれで良いのだけれど、あれは捨ててしまったなぁ風が気持ちいいあなた何をしよう。走りたい気持ちもあるけれどそれはちょっと難しくて、それなら水泳をしてみたらどうだ体動かして信号をフィードバックすると言う行為をしばらくやっていないのでそれをやったほうがいい気もしてくる。昨日の夜の時点でタイピングをやってしまっていたので、今日になって改めてかけておくべき思考と言うのはそんなにないものだ。昨日読んだ本は、日常的実践の歩入れていく、夫のちんぽが入らない、あと経験と想像すると他に何だったっけ、創造と狂気の歴史も塩読みをした。やっぱり1番頭の中を強く影響させるのは小説のこと勝負撮った文章であって、そこでは感情移入をするわけではないけれど、やっぱりそれでも強く映像が浮かんでくるの不思議なことではある。日常的実践のポジティブに関しては、全然頭に入って来なくて面白かった。それなりに哲学的というか、もしくはドグマ的な書き方をしていて、演繹をすると言うような形が長くて最初に理論を提示してするの両候補というか適用の例をいくつか示すと言うような形があった。いろんなところで名前を基本ではあるしその中で書いている事は少しだけ新しいような気もするがそれもどこかで聞いたことがあるような気がする。現代のいくつかの思想の間あれを持って影響受けているのだろうと思う。いわゆるなんとなく楽しそうな思想を作るのにはほど悪くなくて、でも僕が求めているのはそういうことではなくて、もう少しマイノリティよりの尖った思想とか買ったらいいと思うのだけれど、それがきちんと処理をしておいたほうがいいんだろう。ざっと流しを見た位では頭に入ってこなかったので、そのうち他の本を読み終わったらまた手に取ることにしようと思う。経験と創造についてはヘルダーリンを漁っている中で出てきた本であって、あの書き方と言うのは結構クセがあるというか、なんかヨーロッパ人特有の角に褒めそうです変態。わかるだろうか。ブルーノタウトの日本の建築についての本読んだ時と同じような感じで、ほとんど慇懃無礼に近いような形でずっと褒め続けているのでそれが結構気に食わなかった。業績学的な本を読むと大体悲惨な書き方をしていてその認識とそういったお店屋さん分たいとのあいだで認識が立つしなかったかもからかもしれない。赤岳の中では発病のきっかけになったような出来事も、そちらの文体の中では神がかり的な肯定の意味を持って描かれていてそれはちょっと面白いけれどそんなふうにしりとりを渡したいわけでもないのだ。日差しが出てきた。ヘルダーリンの子についてその良さが実感できるわけではないのでここから少しまだあまり興味が出ないものではあるそれは昼間には仲正昌樹のダーリンについての博士論文の書籍化したものを読んだり増していた。そちらのほうはやっぱり面白そうで体、というかフィフティだったりhey Siriだったりシュリンクだったりドイツの知識人たちが一堂に会してくると言うのでそれはもう研究者たちがこぞって大だろうなと言う感じでもある。彼らの思想を理解しないとそういった左の子を理解できないと言う意味でも、やはり思想と芸術と言うのを密接に絡み合っている。それはテンションと言う意味でもそうだし新しい実践と言う意味でもそうだ新しい思想があるところに新しい芸術がある。必ずしもそうとは言えないけどかもしれないけれどやっぱり僕の思うところはそんなことでもある。まぁでもそれはシュールレアリスムだったりまとまった運動会種類あって、ポストモダン戸田今となってはそういった中心を持って宣言をするような運動と言うのはほとんどないのではないかと思ったりするがどんなのだろう。例えばNSティー周辺の現在のメディアアート界隈の運動についても、何らかの思想が存在しているかと言われるとそういうわけではないと思う。ただテクノロジーの様子をきちんと見極めてそれを作品としてある程度の倫理観を持って行すると言うこと、それくらいしか食べていなくて、思想的な面白さは特に現れていない。それを実践している人がどこかにいるかもしれないけれど、少なくともまだそういった人々が注目を集めるような状況にはなっていないらしい。いつかNFC関係に関して思想家が本を出すような時代が来れば、その時にまた問い直されることが起こるんだろうと思うけれど、今では名前を売りたいだけの人たちが群がって何かを起動しているとだけと行く様子は変わらない。ウェブさんの様子も多分そうではあって、その中にはきちんとした思想家と言うのは名前を連ねて痛いのではないかと思ったりもする。