もやすみなさい ―研究の1日の終わりに

火炎、着火して伝播するものに興味があります

事例調査:Rhizomatiks

創業者:真鍋 大度

 

創業以前の経歴:

東京理科大数学科 (-22)

大手電機メーカーSE(-24)

ITベンチャー

IAMAS

 

クリエイティブのスキル:

DJ

数学的素養

サウンドのシグナルプロセッシング

OpenCV

センサー

AR

ドローン

 

ビジネスのスキル:

ウェブサイトの製作からスタート

 

ブレイクするきっかけ:

Youtubeに投稿した動画がバズった

NIKEのプロモーション

 

関与した人:

東京理科大学時代

- 000studioの松川(昌平)

- ダムタイプ池田亮司

 

広告・宣伝、ミュージアムや舞台作品から始まったクリエイションは、メディアアートが社会に広がると共に、パリ・コレクションやミラノ国際博覧会、国内外のアーティストの大規模ライブ公演、中高生を対象とした教育など、多様なプロジェクトに発展していきました。

rhizomatiks.com

 ライゾマティクスは平成18(2006)年7月の創業だが、当初はウェブサイトの制作業務が中心だったという。PRサイトなどの制作業務をこなしながら地道に会社としての基盤を固める一方で、メディアアートの研究、実験、作品制作を精力的に行っていった。メンバーが関心のあるテクノロジーを研究し、NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)や山口情報芸術センターYCAM)といったメディアアートミュージアムにおいて、実空間でのインタラクティブな作品を発表することで、独自の表現とそれを実現する技術を開発していったのだ。

www.nigiwaikuukan-lab.com

 

 

 ダムタイプ藤本隆行さん、川口隆夫さんたちとつくった「true/本当のこと」(2007)

 川口隆夫「TABLEMIND」(2006年初演)

 実質的なデビュー作「Electric Stimulus to Face(2008)

NIKEiD GENERATOR」(2009)

www.youtube.com

参考

Rhizomatiks Design

Rhizomatiks | にぎわい空間研究所

時代に逆らい、未来を考える。ライゾマティクス真鍋大度の流儀|真鍋 大度|ネットTAM

ライゾマティクス 真鍋大度の軌跡|サラリーマン時代を経て、無名の青年が世界を魅了するまで。 | キャリアハック